外資系では成果主義が強い

なぜ外資系は成果主義が強いか

外資系は基本的に成果主義が強いですが、その主たる理由としてはスピード感が重要だからです。どんどん仕掛けて利益を生み出すというサイクルに入らないと、他社から差をつけられてしまいます。人口の少ない日本では仕掛けと同時に客離れを防ぐ為の動きも重要ですが、外資系はマーケットが巨大なだけになるべく注目を浴びた方が効果的です。このような考えの中で日々様々な案が生まれるので、流れに乗り遅れると常に二番煎じのようになってしまいます。業界をリードしてブームを生み出すという存在になるには、最初の一手が非常に重要です。奇抜なアイデアも大切ですが、的外れになってしまっては意味がありません。厳しい環境ではありますが、同時に醍醐味でもあります。

日本と外国の人口の違い

日本企業の仕事も当然成果が重要ですが、人を育てるという意味合いも強いので何回か失敗しても解雇になる可能性は低いです。日本は世界と比べると人口が多い方ではありませんし、もし次々と解雇するのであれば人材が不足します。それに対して外国は国にもよりますが人口数に恵まれているケースも多いです。つまり、何度もミスをして会社に利益をもたらさない人材は比較的簡単に解雇できます。解雇をしてもすぐに次の人材が見つかるので、問題ないのです。高いレベルを求められる職場では、一回のミスでも会社を去るケースもあり得ます。それは非情のようにも思えますが、逆に考えると人材の集中力も上がって仕事の質も向上するという側面もあります。