コミュニケーション重視の文化が根強いから

外資系転職に向けて英会話力を鍛えよう

外資系企業は、日本企業よりもコミュニケーション重視の文化が根強いところが多く、社内の雰囲気や同僚との人間関係などに悩む人も珍しくありません。そうした中、外資系転職を果たした後に社内で信頼される人材を目指すには、在職中から実践的な英会話力を鍛えることが重要です。たとえば、業務中にコミュニケーションを取る機会が多い営業職や総合職などに就きたい人は、就職活動中に志望企業の説明会に参加をしたり、職場内で必要とされる能力について確認したりすることが大事です。また、日常生活の中で英語を話す機会が少ない人は、ネット上で英会話学習ができるツールを使ったり、英会話を専門に学べる学校に通学したりする方法もあります。

面接の際は正確な英語で志望動機や将来設計について伝えよう

外資系転職の面接は、外国人の人事担当者により英語で行われることが多く、英語の発音や表現力などをくまなくチェックされます。応募者が多い外資系企業の中には、複数回の面接を実施して優秀な人材をふるいにかけるところもあるため、選考の度に対策を立てる必要があります。また、面接の担当者に少しでも良いイメージを抱いてもらうには、できるだけ正確な英語を使って志望動機や将来設計についてはっきりと伝えることが肝心です。特に、世界各国でビジネスを展開する外資系企業においては、中途採用の採否を決める際に面接の結果が占めるウェイトが大きいため、他の応募者に負けないために、日頃から英語を使用する習慣を身につけることがおすすめです。