年収目的の外資系転職

外資系企業に転職する理由としてかなり多いのが年収を上げたいからというものです。年収へのこだわりがある人にとってどうして外資系企業への転職が魅力的なのでしょうか。その理由を掘り下げて確認してみましょう。

外資系では実力で出世できる

実力をしっかりと認めてもらえる

日本の企業は成果を上げてもなかなか評価されず実力を必ずしも認められるとは限りません。その一方で勤務年数を重ねれば特に実力がなくても出世できることもあり、実力よりも勤務年数や上の人間に可愛がられているかどうかで決まることがあります。それに対して外資系というのは完全な実力主義であることが多く、実力のないものは出世することはできませんが、逆に能力さえあれば年齢や勤続年数を関係なしに出世していくことができます。そのため、本当に実力がある人であったり向上心や上昇志向が強い人であれば、自分の力次第でどんどん上を目指すことができますから、日本の企業よりもやりがいがあり収入面でも稼げる職場だと言えるでしょう。

実力がないと厳しい事実も

実力主義であるというのは、力のある人にとってはメリットがありますが、力がなければすぐに居場所がなくなってしまうシビアさも秘めていることを忘れてはなりません。日本の企業は実力のある人に取っては厳しいものの、特にこれと言った能力がない人でも仕事を失うことはありません。それに対して外資系は求められるものは成果であるため、結果を残すことができない人はどれだけ勤続年数が長かろうと出世をすることができず、そればかりか居場所すら失ってしまうことになります。日本の方式も海外の方式もどちらも一長一短がありますから、いい部分にだけ目を向けるのではなく、短所もしっかりと理解をして外資系が自分に合っているのかをよく考えるようにしましょう。

コミュニケーション重視の外資系転職

現場でのコミュニケーションを大切にして働いていきたいという人も外資系企業によく転職しています。国内企業でもコミュニケーションを重視する傾向が強まっていますが、どうして外資系の方が良いと考える人が多いのでしょうか。

コミュニケーション重視の文化が根強いから

外資系企業は、日本企業よりもコミュニケーション重視の文化が根強いところが多く、社内の雰囲気や同僚との人間関係などに悩む人も珍しくありません。そうした中、外資系転職を果たした後に社内で信頼される人材…

Read detail »

人種も国籍も混ざっていて楽しいから

転職する理由は、人それぞれです。しかし、いろいろな人種や国籍の人がいるので外資系企業に転職する、というのもありではないでしょうか。日本人だけがよい、文化や習慣の違う人たちとはうまくやれない、と思う…

Read detail »

語学力も活かせるから

国内企業ではなく外資系企業で働くことによって、英語力をより発揮することができます。転職においても、外資系企業で働く以上は一定の英語力を求められるため、ほぼ必須スキルと言えるでしょう。それだけ英語を…

Read detail »

外資系転職の情報は限られた媒体にのみ開示される

外資系転職を検討する場合、情報媒体の選択が重要になります。外資系の会社は即戦力になる優秀な人材を求めるので、求人広告も専門性が高い情報媒体に限定されるのが普通です。